忍者ブログ
ここはCHAOS、あなたとわたしの。 *過去ログ以外はブログにしましたよ。
October / 23 Mon 14:53 ×
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

December / 17 Sun 16:05 ×
2006年12月15日16:57

12/8の日記に対して友人らがメッセージやらメールやらを
くれたんだけど、それに対してうまく説明ができないんだよね。スルーしていたわけではなく、なんかうまい言葉がないかな?とおもってたんだけど、やっぱりみつからない。

例えば、ある人に、
「お前(るー)と咲良は別人だと言うが、
口調やペースが違うだけで性格は非常に似てるぞ。
お前も天然、あっちも天然、
あっち(咲良)のことが苦手?そりゃ同属嫌悪だ」

と言われたんだけど、
他人には変わりなく、似てると言われても、
どうしようもない。
そりゃ育った環境がおんなじなんだし、
境遇も同じだったんだから、
似てしまうのは当然ではないのか?
でも自分では全然似てないと思うんだけど、
それは電話口で他人に「お母さんとそっくり」
って言われる現象とおんなじ様なものだと思うの。
どう?

それがこの人の↑のるーと咲良ちゃんの比較だけではなくて
割とよく感じる人々の誤解がある。

他人、っていうと、ずっぱりさっぱり真逆の人物だと
思い込む人が多いのよね。
じゃあきくけど、あなたはあなたの友達を
全員思い浮かべてみてよ。
ねえ、全員正反対の性格してる?
るーは、るーの外の友達を思い浮かべて思うのは、
ベクトルがたとえ違っても、
趣向とか性格とか、追い求める物は、
みんな共通しているように思うよ。
正反対の人って、子供の頃なら別だけど、
もうこんな年になると、拡張しないっていうか、
そばにいるひとってみんな自分に似てない?
正反対の人を好き好んでそばにおかないというか
あーうまくいえないなー
刺激を求める意味で、または
元々友達で正反対の人はいいけど、
そうじゃないとき、落ち着きたいとき、どう?
いいたいことわかるかなあ。
伝わるかなあ。

似てても別に不思議じゃないと思うのよ。
違う?


PR
NAME
TITLE
MAIL
URL
VOICE
EMOJI / FONT COLOR
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
ADMIN | WRITE
 
"Lasen" WROTE ALL ARTICLES.
忍者ブログ・[PR]
/ PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.