忍者ブログ
ここはCHAOS、あなたとわたしの。 *過去ログ以外はブログにしましたよ。
October / 23 Mon 14:59 ×
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

November / 22 Wed 12:39 ×



21日(平日!!)の14:30にいきました。

上野公園の美術館が集中している方ではないのね。
めっちゃ逆方向にあるいてくとあるの。

チケット売り場はガーラガラ。
混雑を予想し、上野駅の構内でチケットを
買っていました。

しかし!!
一歩中に入るとそこは・・・・・・・・・・

絵ぜんっぜん見えませんでした。
もうね、ちょー遠くから、
背伸びしたり屈んだり分け入ったり押し出されたり。
解説がついているところは全部そんなかんじ。
あと音声ガイドつけてるひとが、
固まって一歩も動かないので、
周囲から「見たらどいてよ!!!!!」
という罵声もよくきこえました。

音声ガイドは500円だか800円だか。
とにかく高い!!と思って借りなかった。

そんななか、横を、180cm以上のお兄さんが
のーんびり一個一個じっくりみていて、
初めて長身に憧れました(当方168.6cm)。
充分長身のつもりでしたが全然見えない。

カップルが多く、正装で来ているんですが、
マナーは非常に悪く、
絵に触ってはいけないし、入っていい位置も
絨毯の色の違いで定まっているのですが
ずかずかはいっていってべたべた触る。
勿論ケースにははいってるんですけど、
触られるとその後ろの人は全員見られない。
そこで学芸員がキレ気味に叱ると、
あるカップルの女のほうが、
「たかだか絵なのに何様!?」
と言い返したんですよ。目の前で。
もうね、つまみ出してやろうかと思った。
たかだか絵って!!
ダリはもう小学生のときから尊敬している画家で、
生で見られるだけでも畏れ多いかんじなのに
触るなんて・・・・・地獄に堕ちろって気分ですよ。

生命の星で紫水晶の人間並みに大きな結晶を前にして
「これ売ったらいくらになるのかしら!
持っていけそうじゃない!?」って言った
おばさんくらいむかつくー。

でも結構感想をみんな口に出しながら歩くのね。
感想なんて人それぞれだから、文句言えないけど、
もうちょっと、ほかのひとへの配慮がね、
ほしいかなーなんてね。

ミュージアムショップで驚いた事が。

10年位前に母が知人の店に売りに出そうとしていた香水を
「待って!その香水の形、ダリのデザインっぽい!」
と引き止めたことがあり、
実際それにはダリのサインがあり、
貰い受けて以来、特別なときにはいつもつけているのですが
その香水と同じ形(でも色が違う)の香水が売っていました!
なにこれ!!!!!!
たくさん種類があったけれど、
国内ではダリ展限定販売だそうです。
いつもつけている香りの香水もあったけれど、
色が違うのが気になる。

帰宅して母にそれを言うと、
「記憶に無いからフリマで買ったか、
外国土産かも。」

本場のスペインの美術館かアメリカの美術館の土産、
なら色違いも有り得る・・・・・・・・・かな?

ミニボトルは980円とお手ごろだったのだけど
(セットは4095円)
すーっごく欲しかったけど、学生時代ほど
お金を持っていないみぃさんは
図録2300円だけでかなりきつかったので
テスターのかほりを嗅いだだけで帰ってきました。

1/4まで開催しているから機会があったら欲しいなあ。
でも上野って往復2560円かかるからいかなさそう・・・。


PR
NAME
TITLE
MAIL
URL
VOICE
EMOJI / FONT COLOR
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
ADMIN | WRITE
 
"Lasen" WROTE ALL ARTICLES.
忍者ブログ・[PR]
/ PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.