忍者ブログ
ここはCHAOS、あなたとわたしの。 *過去ログ以外はブログにしましたよ。
October / 23 Mon 14:57 ×
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

January / 27 Sat 17:51 ×
2007年01月15日14:54


朝、鵠沼の家へ行った。
新年早々ノロウィルスのせいで新年の挨拶を
していなかったので遅ればせながら挨拶に。

今日の祖母は
・ずっと「メリーさんの羊」を
歌詞ナシで陽気に歌っていた。が、
最後になって我々が帰る時、
「メ~リさんのこ△★ж〒?」と歌ったので
「え!?」と聞き返すと
「メ~リさんの~き・つ・ね~」と歌ったので
全員から「きつね!?」とつっこまれ
本人も大爆笑していた。

・母(祖母から観れば長女)の名前がすぐに思い出せず
母とは犬猿の仲の叔母の名前を出してしまった
(呆ける前は祖母自身も叔母が大嫌いだったのに)

・母の存在を飛ばすことが多かった
(例)「*総持寺の墓の中には
あんたのひいじいさんが入ってるのよ」

(*何人かには学生時代見せてあげた事があるけど
三角形の墓のこと)

というので「違うよ、ひいひいじいさんだよ」
というと「何でよ!?あたしのおじいさんなんだから
あんたのひいじいさんよ!」
「・・・・おばあちゃん、自分の娘の存在忘れてない?」

今までは母も僕も祖母から毎年お年玉を貰っていたが
今年は祖母が母にだけお年玉を渡さなかったので
母が大騒ぎ。代弁して何故母を抜かして自分にくれるのか
尋ねると笑顔で意味不明な理由を言っていた。
仕方が無いので祖母から貰ったお金を母にも渡す。

祖母は毎年最低でも3万円以上くれたのだが、
(多いときはその倍以上)呆けてしまってからは、
まず1000円と1万円の区別がつかなくなった。
昔は1万円しか渡さないなんてことはまず
あり得ない事だったのだが、それがさらに
1000円札一枚だけだったりすると
さらに衝撃を受ける。
別にお金の額がどうこうじゃなく
ボケの進み具合にドキリとするのだ。

我が家では、お小遣いという制度がそもそもなく、
親からお小遣いをもらった事が無かったし、
出かける時や本を買う時でも出してくれる事は
一切なく、ではどうしていたのかといったら、
毎年正月にもらえるお年玉を、
12ヶ月きりつめて使っていたのである。
ノートでさえも兄貴の使いかけのお古だったし、
洋服も裁縫道具もリコーダーもピアニカも
全部兄貴のお古だった。
だから友達とどこかへ遊びにいった記憶も
ほとんどなく、遊びに行っても、
財布の中には「もしもの時の1000円」に
毛が生えた金額しか入っていなかった。
「もしもの時の1000円」は緊急時以外
崩せなかったので、友達が何か買っていても、
何か食べていても、見ているだけが殆どで、
付き合いの悪い子供だった。
悪かったと思うし遊びたかったが
仕方が無い、自分は働いていないのだから。
学費を出してくれたのも、
入院費を出してくれたのも祖母。
お年玉はその1年を決める重要な物だった。
お年玉は孫だけでなく母も必ず貰っていたのだ。

図書館で働いていた時代は、
いとこにお年玉をあげていた。
叔父が昨日僕に
「お年玉をうちの子に渡す方だろ!?」
と言うので「毎年あげていたはずですけど?」
と言ったら土下座で謝罪された。

藤沢へ出かけた。
アニメイトはまだあった(というよりハンズのビルの、
ハンズだけが閉店したらしい。)

船戸明里「Under the Rose」4巻、
藤野もやむ「はこぶね白書」1巻(2巻は持ってるw
チャットモンチー「シャングリラ」
あづみ冬留トレカ「ポルテ・サ・クロワ」1袋
を購入。

その後、名店ビルでサクサク柄の千社札シール作成。

オーパのマライカにて木製の果物型小物入れ購入。
オーパのメイリィにて桜の花びら型小皿購入。

ミニプラにて生活必需品であるミセスグロスマンの
ハートのシール10枚(300円分)購入。

小田急線で鵠沼海岸まで120円。

いつも行く美容院の斜め向かいの角の店が
ほぼ全焼していた。あんな狭いところで、
よく隣家に飛び火しなかったな、と
でも微妙に玄関や柱などは残ってるので
保険はおりないだろうねかわいそうだね、と
帰宅後皆で盛り上がる。

19時から地元でどんど焼き(左義長)。
ちょっと用を足してから海へ行ったら
そのわずかな隙に道祖神がお家に帰っちゃった(がはぁ
綱引っ張れなかった~ショック~。
でも燃え尽きる頃まで火に当たっていました。
御餅、美味しくなくても憧れる子供心。


PR
NAME
TITLE
MAIL
URL
VOICE
EMOJI / FONT COLOR
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
ADMIN | WRITE
 
"Lasen" WROTE ALL ARTICLES.
忍者ブログ・[PR]
/ PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.